Warning: Use of undefined constant auto - assumed 'auto' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/web12/1/3/0257531/www.nihon-cornet.co.jp/wp/wp-content/themes/cornet/functions.php on line 572

Warning: Use of undefined constant auto - assumed 'auto' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/web12/1/3/0257531/www.nihon-cornet.co.jp/wp/wp-content/themes/cornet/functions.php on line 573

Warning: Use of undefined constant auto - assumed 'auto' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/web12/1/3/0257531/www.nihon-cornet.co.jp/wp/wp-content/themes/cornet/functions.php on line 574
Touchstone Technology社|製品紹介|日本コーネット・テクノロジー株式会社

Touchstone Technology社 WinEyeQ

概要
Touchstone Technoogies社(アメリカ)の“WinEyeQ “ は、既存のネットワークに一切負荷を掛けず、実(VoIP)データを基に真のMOS, R, PESQをリアルタイム測定する最新のVoIP/RTP QoS測定ソフトツールです。VoIP QoSのモニタリングとプロトコル解析(フロー表示)を一台で同時に行い、且つ“Ethereal”で記録した実データ(音声やビデオ)のファイルを再生・解析することも可能です。ラボ用PCサーバの他、ノートPCにもインストールできますので開発・評価・検証からフィールドでのトラブルシューティングに至るまで、幅広い用途に御使用頂けます。
主な機能と特長
  • ・AN/LAN上のVoIP,RTPメディアのQoS測定、監視、管理
  • ・ソフトスイッチ、IP電話、ビデオ会議端末ゲートキーパ、ファイアウオール、MCU等の機器試験、評価、検証
  • ・マルチベンダ間のインタオペラビリティ試験
  • ・VoIPトラブルシューティング

導入メリット

● パッシブ測定により、ネットワークへの負荷を一切排除
擬似データや測定目的のためのデータは一切出しません。測定したい箇所のLANに接続するだけでVoIPのQoSに関するデータの詳細がリアルタイムで測定可能です。PCに“WinEyeQ”ソフトをインストールするだけで呼制御プロトコル(SIP、H323)シーケンスを含むVoIPデータを全てリアルタイムでモニタリングします。詳細はCDRやネットワークサマリ及びエラー報告(RやMOS値に閾値を与えアラーム情報の保存)も可能です。
● 真のQoS(RやMOS値)やパフォーマンスの測定が可能
擬似データではなく実際に通話中の実VoIPデータを用いて測定しますので、真のQoSやパフォーマンスの測定が可能です。また、“WinEyeQ”ソフトをインストールしたPC一台で、VoIP QoSのモニタリングとプロトコル解析を同時に行います。
● 豊富なプロトコルをサポート
VoIP(H.323,SIP)の他、HTTP, SMTP, POP3, FTP, RTSP, SNMP, TELNETなどのプロトコルも分析・解析可能です。

Touchstone Technology社 WinSIP/323

概要
Touchstone Technoogies社(アメリカ)のWinSIP/323は、最大10,000 SIPコール(シグナリング)の負荷試験能力を誇る他に類を見ない、3GPP を含む最新のSIP/ H.323 負荷試試験ソフトツールです。スケーラブルな高負荷試験能力や、“スクリプト”コマンドによる自由なエミュレーション機能は、あらゆるSIP/ H.323負荷試験を可能にします。勿論、ラボ用PCサーバの他、ノートPCにもインストールできますので開発・評価・検証からフィールドでのトラブルシューティングに至るまで、幅広い用途に御使用頂けます。
主な機能と特長
  • ・ソフトツールとしては最高の負荷試験能力、更に最適なパフォーマンス(No Error Call Rate)も自動測定
  • -SIP(RFC3261準拠):10,000 SIPコール(シグナリング)、1,000 SIPコール(メディア)、10,000メッセージ/秒
  • -H.323: 1,000 H.323コール(シグナリング)、500 H.323コール(メディア)、300,000話中処理
  • -RTPストリーム(3GPPをサポート)を使用したオーディオ、ビデオコールの生成(使用しないことも可能)
  • -リアルタイムデータ(シグナリング及びメディア)を用いたSIP、H.323の高性能エミュレーション、プロキシサーバ機能、基本ゲートキーパーエミュレーション
  • -コールエミュレーションは“Point to Point”、及び“Point to マルチPoint”(WinSIP間、又はWinSIP機器間)
  • -各プロトコルレイヤ(H.225/Q.931,RAS,H.245,RTP,RTCP)におけるプログラマブルなスタックパラメータ
  • -5060番ポート、もしくはそれ以外の指定ポートへの複数コールに応答
  • -6DTMFシーケンス/コールまでの実発呼相互シーケンスのモデリング;DTMFトーンサポート(RFC2833)
  • -編集機能付きメッセージ表示とシグナルステップモード“デバッグ”機能
  •  
  • ・リアルタイム呼制御トレース/モニタリング、及びQoS測定
  • -総/完了/現コール数 表示
  • -コールレート(最大を含む)/時間
  • -SIPシグナリングパケット(IN/OUT)
  • -RTPパケット(IN/OUT、メディアタイプ、フレーム数/パケット)、RTCPパケット(IN/OUT)
  • -ネットワーク障害検出
  • -パケットフロー遅延測定
  • -長期試験によって、変化するネットワークの振る舞いを把握
  •  
  • ・SIP、H.323サーバの負荷試験
  •  
  • ・ソフトスイッチ、IP電話、ビデオ会議端末ゲートキーパ、ファイアウオール、MCU等の機器試験、評価、検証
  •  
  • ・マルチベンダ間のインタオペラビリティ試験
  •  
  • ・VoIPトラブルシューティング